海洋生命科学研究科
Graduate School of Marin Biosciences

海洋生命科学研究科

海洋生命科学研究科は、海洋を中心とする水圏生物資源の高度有効利用と、水圏の生態系の保全、その両者の調和を通して、21世紀の地球が抱えている環境?食糧問題の解決に貢献できる研究者、技術者の養成を目指します。専門分野は「増殖生物学」「環境生物学」「応用生物化学」の3つ。学術論文や学会での発表など研究活動の活発さは、水産?海洋系私大ではトップクラスです。
海洋生命科学研究科1
海洋生命科学研究科2

研究分野

増殖生物学専門分野

水族増殖学

  • ウナギの性分化と配偶子形成機構
  • シオミズツボワムシ個体数変動の調節機構

海洋分子生物学

  • 魚類神経内分泌系の分子生物学的および生理学的研究
  • 光環境と食欲調節ホルモン?光環境と体色調節ホルモン
  • 光環境と魚類の行動?魚類の視物質と進化?生態

水族生理学

  • 魚類の性成熟に関する内分泌学的研究
  • 魚類の摂食に関する内分泌学的研究

水族病理学

  • 魚類体表の防御機構
  • 魚類の免疫応答における還伝子発現解析

水族育種生物学

  • 魚介類の造伝?育種学的研究
  • 育種技術を導入した魚介類完全養殖技術の開発

環境生物学専門分野

水圏生態学

  • 遺伝学的手法による水生生物の系統分類の再検討
  • 沿岸性魚類等の資源?生物学的研究
  • 淡水域から沿岸域における生物生産と物質循環

沿岸生物学

  • 海藻類の生活形の解明
  • コケムシ動物の生活史の解明

環境微生物学

  • 微細藻類の生理生態に関する研究
  • 海洋プランクトンの生態に関する研究

深海生物学

  • 海洋生物に見られる微生物との共生関係(進化および生理学的な相互作用)
  • 深海性ゼラチン質プランクトン類の分類、生態に関する研究
    ※連携大学院「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」所属学生のみ受講可能。

応用生物化学専門分野

食品化学

  • 海洋生物におけるDーアミノ酸の生理機能と代謝機構に関する研究
  • 海洋生物におけるオピン類の代謝と生理活性に関する研究

海洋生物化学

  • フグ毒テトロドトキシン、麻ひ性貝毒、記憶喪失性貝毒などの海洋生物毒の代謝機構
  • 海洋生物毒の生成過程と生物学的意味の解明

海洋生物資源化学

  • 海洋生物由来の生理活性物質の構造と機能に関する研究
  • 海洋生物レクチンの構造と生理機能に関する研究

水族機能生物学

  • 魚介類の成長と繁殖を統御するホルモンのメカニズム
  • 成長ホルモン分子族の機能と分子進化
  • 糖タンパク質ホルモン分子族の機能と分子進化

国内外の学会発表例

水圏生態学研究室

「日本産立方クラゲ類の分類学的再検討」
私たちを海水浴場で刺すクラゲはアンドンクラゲやハブクラゲで、立方クラゲの仲間です。立方クラゲの仲間は日本には5種しかいないと言われていましたが調べてみると9種以上いることがわかり、その中の1種は新種リュウセイクラゲとして発表しました。この発見により、立方クラゲの分類体系が大きく変わることになりました。
海洋生命科学研究科3
海洋生命科学研究科4

就職実績

海洋生命科学研究科の就職実績?進路実績は下記ページをご覧ください。

研究科生VOICE

世界中で減少が進むサンゴ礁の保全?回復に貢献していきたい。

一般的にサンゴ礁は栄養塩の少ない海域に生息しており、陸からの栄養塩の供給はサンゴの成育に悪影響をおよぼすと考えられますが詳しいメカニズムは分かっていません。そこで飼育可能なコユビミドリイシの稚ポリプを用いて調べたところ、リンを添加して飼育すると、サンゴ幼生の骨格形成が阻害されることが分かりました。実際、沖縄県などでサンゴがいなくなってしまった場所を調べると、陸上由来のリンが海底に蓄積してしまっており、サンゴの成育を妨げている可能性が高いことが明らかになりました。今後はさらなる全容解明に取り組んでいきます。
海洋生命科学研究科5

飯島真理子さん

長野県県立伊那北高等学校出身
海洋生命科学専攻 博士後期課程3年(取材時)
資源化学研究室

養殖場とのタイアップのもと、アワビの卵発生メカニズムを解き明かす。

研究テーマは、アワビ幼生の栄養の利用機構解明です。アワビは卵から産まれて大人の形になるまでに1週間以上かかるのですが、その問は母貝から託された卵黄という栄養の塊を利用してエネルギーを獲得します。成長や生存率に大きく関わると考えられている卵黄ですが、実はその成分や利用機構については未解明の点が多いんです。そのため、アワビの養殖会社さんと協力しながらそのメカニズムの解明を目指しています。研究室では、中間発表の打ち上げやBBQなど交流の場も多く、コミュニケーション能力を身につけるのにも役立っています。
海洋生命科学研究科6

小山夢玄さん

東京都都立立川高等学校出身
海洋生命科学専攻 修士課程2年(取材時) 
水族育種生物学研究室


百度